家族葬を行う場合

家族葬を知って、後悔のない葬儀を執り行いましょう。

家族葬は、故人のごく身近な親族とごく親しい知人のみで執り行いますので、事前の準備と葬儀内容と周囲への配慮が必要です。
事前の準備としては、家族の範囲を明確にして、誰に通知を行うか事前に決めておく必要があり、同時に参列者から香典や供花を受け取るか否かも決めておきます。その上で、参列をお断りする人には事前に文書を用意してお知らせする必要があります。
葬儀内容も柔軟に設定できますが、その内容構成によって、費用も変わりますので、葬儀社との相談が必要です。
周囲への配慮としては、葬儀後に訃報を伝えていない方に死亡通知を出す場合には、故人の遺志または家族の意向により家族葬で執り行ったことを挨拶文に書き添え、香典や供花を辞退する場合は記載しておきます。

家族葬のメリット・デメリット

家族葬のメリット・デメリットの続きを見る

おすすめ記事ピックアップ!

  • 近年認知されてきた家族葬ですが、長寿高齢化と核家族化の常態化により今後ますます増加する傾向にあります。 家族葬にはメリットもありますが、デメリットもあります。

    詳細を見る

  • 家族葬で僧侶を呼ばない形式で葬儀を行った場合、戒名をどうするか問題になることがあります。 戒名は仏教式の葬儀を行う場合に、故人を出家者とみなして、俗名を捨てて代わりに名のる名前です。

    詳細を見る

  • 家族葬は故人の遺志や遺族の意向によってごく身近な親族で執り行われますので、一般の参列がある葬儀とは違い、故人の遺志を重視して柔軟に葬儀の内容を設定することができます。

    詳細を見る