家族葬の費用感

プランを活用することで一般葬より少ない支出額で済ませることは可能です。

家族葬の費用は、参列者が少なく規模も小さいので安いと考えがちですが、実際は参列者が少ない分、お香典も少ないため、最終的な支出額が一般葬よりも高くつくことがあります。最近では、葬儀社が家族葬向けのプランを用意しており、そのプランを活用することで一般葬より少ない支出額で済ませることは可能です。
家族葬向けプランを利用する場合は、そのプランで葬儀費用のどこまでがカバーされているかを事前にしっかり確認することが必要です。

おすすめ記事ピックアップ!

  • 近年認知されてきた家族葬ですが、長寿高齢化と核家族化の常態化により今後ますます増加する傾向にあります。 家族葬にはメリットもありますが、デメリットもあります。

    詳細を見る

  • 家族葬で僧侶を呼ばない形式で葬儀を行った場合、戒名をどうするか問題になることがあります。 戒名は仏教式の葬儀を行う場合に、故人を出家者とみなして、俗名を捨てて代わりに名のる名前です。

    詳細を見る

  • 家族葬は故人の遺志や遺族の意向によってごく身近な親族で執り行われますので、一般の参列がある葬儀とは違い、故人の遺志を重視して柔軟に葬儀の内容を設定することができます。

    詳細を見る