家族葬の内容

家族葬とは、文字通り家族と親族、それに加えてごく親しい友人だけで行う葬儀のことです。

家族葬とは、文字通り家族と親族、それに加えてごく親しい友人だけで行う葬儀のことです。従来より家族親族の身内で執り行う密葬という形式がありますが、こちらは密葬の後、日を改めて本葬やお別れ会等が行われることがあります。これに対し、家族葬はこれのみで完結します。
近年、葬儀の形態として家族葬が増えてきたのはなぜでしょうか?
要因としては、長寿高齢化により、退職してから死亡するまでの期間が長くなり、職場関係者の葬儀への参列が減ったこと、自宅ではなく高齢者施設などで亡くなるケースも増え、訃報の通知先も少なくなり、結果として身内だけでごくシンプルに見送る形式にならざるを得ないことが考えられます。
家族葬は家族・親族とごく親しい友人だけで行うお別れの儀式です。通常の葬儀のような祭壇の準備や式の進行手順などにとらわれず、故人の遺志を尊重し、身内の人たちが心を込めてお別れの挨拶ができるような形式を取ることが可能です。(例えば、故人の好きな音楽を流したり、好きな花で飾ったり、遺影の代わりにスナップ写真を何枚か用意したり等)
家族葬では参列者への気遣いに追われることがない反面、事前に周囲の理解を得ておかないと、参列していない故人の知り合いから「なぜ知らせてくれなかったのか?」等の苦情が来ることがあるので注意が必要です。

おすすめ記事ピックアップ!

  • 近年認知されてきた家族葬ですが、長寿高齢化と核家族化の常態化により今後ますます増加する傾向にあります。 家族葬にはメリットもありますが、デメリットもあります。

    詳細を見る

  • 家族葬で僧侶を呼ばない形式で葬儀を行った場合、戒名をどうするか問題になることがあります。 戒名は仏教式の葬儀を行う場合に、故人を出家者とみなして、俗名を捨てて代わりに名のる名前です。

    詳細を見る

  • 家族葬は故人の遺志や遺族の意向によってごく身近な親族で執り行われますので、一般の参列がある葬儀とは違い、故人の遺志を重視して柔軟に葬儀の内容を設定することができます。

    詳細を見る