その他の注意点

家族葬は身内だけで心のこもった葬儀が行えますが、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

家族葬は身内だけで心のこもった葬儀が行えますが、気を付けなければいけない点もいくつかあります。
家族親族等の身内だけなので、一般参列者への気遣いが必要ない等のメリットがある反面、事前に周囲の理解を得ておかないと葬儀後に対応を迫られることになります。
また、葬儀の際に僧侶を呼ぶべきなのか、戒名はどうすればよいのかといった問題もあります。
もしもの場合には、そういった問題を含めて、事前によく検討して対応する必要があります。
そんなとき親身に相談に乗ってくれる葬儀社を事前に選定していれば、なにかと便利に進められると思います。

おすすめ記事ピックアップ!

  • 近年認知されてきた家族葬ですが、長寿高齢化と核家族化の常態化により今後ますます増加する傾向にあります。 家族葬にはメリットもありますが、デメリットもあります。

    詳細を見る

  • 家族葬で僧侶を呼ばない形式で葬儀を行った場合、戒名をどうするか問題になることがあります。 戒名は仏教式の葬儀を行う場合に、故人を出家者とみなして、俗名を捨てて代わりに名のる名前です。

    詳細を見る

  • 家族葬は故人の遺志や遺族の意向によってごく身近な親族で執り行われますので、一般の参列がある葬儀とは違い、故人の遺志を重視して柔軟に葬儀の内容を設定することができます。

    詳細を見る