家族葬を行う場合

家族葬のメリット・デメリット

近年認知されてきた家族葬ですが、長寿高齢化と核家族化の常態化により今後ますます増加する傾向にあります。
家族葬にはメリットもありますが、デメリットもあります。もしもの時には、そこをよく理解したうえで、対応したいものです。

家族葬のメリット
・参列者は、家族親族と故人のごく親しい友人だけなので、一般参列者への気遣いがないため、精神的にも体力的にも負担が軽減します。
・形式にとらわれることなく、ゆったりとした時間の中で、故人を偲び、最後のお別れのときを持つことができます。
・一般葬における受付や会葬返礼品や会葬者へお料理の振る舞い等の準備は必要ありません。
・参列者の人数を事前に把握しやすい。

家族葬のデメリット
・家族葬は参列者が限られるため、事前に周囲の理解が必要です。
・規模が小さいので費用を抑えられると考えられがちですが、参列者が少ないので葬儀費用を香典で補填することは見込めません。
・事前に訃報で「家族葬」とお知らせしても、当日一般の方が会葬にお見えになることがあり、返礼品や料理の手配対応に追われることがあります。
・参列をご遠慮いただいた方が後日弔問にいらっしゃったり、当日伝えていなかった親戚から「なぜ呼ばれなかったのか」と連絡を受けたりして、後日の対応が大変になることがあります。

家族葬を検討する際は、親族の理解を事前に得るとともに、故人の交友関係をよく確認し、その人たちとの今後の付き合いを考慮したうえで、慎重な対応が必要です。

おすすめ記事ピックアップ!

  • 近年認知されてきた家族葬ですが、長寿高齢化と核家族化の常態化により今後ますます増加する傾向にあります。 家族葬にはメリットもありますが、デメリットもあります。

    詳細を見る

  • 家族葬で僧侶を呼ばない形式で葬儀を行った場合、戒名をどうするか問題になることがあります。 戒名は仏教式の葬儀を行う場合に、故人を出家者とみなして、俗名を捨てて代わりに名のる名前です。

    詳細を見る

  • 家族葬は故人の遺志や遺族の意向によってごく身近な親族で執り行われますので、一般の参列がある葬儀とは違い、故人の遺志を重視して柔軟に葬儀の内容を設定することができます。

    詳細を見る