家族葬の費用感

家族葬の香典相場

家族葬のお香典について、二つの考え方があります。
一つは、家族葬は故人の遺志や遺族の意向によってごく身近な親族だけで執り行われますので、お香典は必要ないという考え方です。お香典に対する返礼品の準備等の負担を減らすこともできます。
もう一つは、家族葬の通知を受けた際、お香典や供花を辞退する旨の連絡がなければ、一般の葬儀と同じように香典を持参するという考え方です。身内で執り行うにしても、式場を使用したり、お料理等の準備をしたりと費用が発生しますので、その一部を負担する意味合いもあります。
お香典の辞退の連絡がない限りは、持参するほうがよいでしょう。
お香典は、一般葬と同じように、お香典袋の表に薄墨で名前を書いて、裏には金額を書きます。お香典袋の表書きは、宗教に応じたものを使用します。(仏式の場合は「ご霊前」「お香典」など、神式の場合は「お玉串料」、キリスト教式の場合は「御花料」等です。宗教がはっきりしない場合や無宗教の場合は「ご霊前」が無難です)
お香典の金額は、故人と所縁の深い身内なので、一般より多めにするという傾向があるようです。
自分の年齢と故人との関係で金額は変わりますが、祖父母の場合は2万円~5万円、両親の場合は5万円~10万円、兄弟・姉妹の場合は3万円~5万円というのが相場のようです。
お香典を辞退する旨を連絡していても、お香典の持参があった場合は、基本的には辞退しますが、どうしてもいう場合は受け取って、別途、忌明け等のタイミングで返礼品をお送りします。

おすすめ記事ピックアップ!

  • 近年認知されてきた家族葬ですが、長寿高齢化と核家族化の常態化により今後ますます増加する傾向にあります。 家族葬にはメリットもありますが、デメリットもあります。

    詳細を見る

  • 家族葬で僧侶を呼ばない形式で葬儀を行った場合、戒名をどうするか問題になることがあります。 戒名は仏教式の葬儀を行う場合に、故人を出家者とみなして、俗名を捨てて代わりに名のる名前です。

    詳細を見る

  • 家族葬は故人の遺志や遺族の意向によってごく身近な親族で執り行われますので、一般の参列がある葬儀とは違い、故人の遺志を重視して柔軟に葬儀の内容を設定することができます。

    詳細を見る