家族葬って何?

家族葬の内容

家族葬は故人の遺志や遺族の意向によってごく身近な親族で執り行われますので、一般の参列がある葬儀とは違い、故人の遺志を重視して柔軟に葬儀の内容を設定することができます。
祭壇をシンプルにして、故人の好きな音楽を流して、身内だけでゆっくりとお見送りをする形式にしたり、無宗教形式で行ったり、お通夜を執り行わず告別式のみにしたりという具合です。
しかしながら、お別れの式を行って火葬をするという流れは一般葬と変わりませんので、全体の進行は経験豊かな葬儀社にお願いすることになります。
家族葬の構成によって葬儀の費用が変わってきますので、事前に葬儀社とどのような家族葬をしたいのか相談をして、項目別の内容がわかる見積書を提示してもらいます。
家族葬プランをいくつか用意している葬儀社もあります。その場合はプランの中身をよく確認のうえ、イメージの合ったプランを利用します。
但し、プランにはお料理代や返礼品代が含まれてなかったりしますし、宗教者を呼んだ場合のお布施等は含まれませんので、その分の費用は別に準備をしておく必要があります。

お香典や供花を辞退する場合でも、参列者がお香典や供花を持参する場合があります。その場合は失礼にならないようにお断りをしますが、どうしてもと言われて受け取る場合は丁寧に対応して、お料理を振る舞い、返礼品をお渡しします。

おすすめ記事ピックアップ!

  • 近年認知されてきた家族葬ですが、長寿高齢化と核家族化の常態化により今後ますます増加する傾向にあります。 家族葬にはメリットもありますが、デメリットもあります。

    詳細を見る

  • 家族葬で僧侶を呼ばない形式で葬儀を行った場合、戒名をどうするか問題になることがあります。 戒名は仏教式の葬儀を行う場合に、故人を出家者とみなして、俗名を捨てて代わりに名のる名前です。

    詳細を見る

  • 家族葬は故人の遺志や遺族の意向によってごく身近な親族で執り行われますので、一般の参列がある葬儀とは違い、故人の遺志を重視して柔軟に葬儀の内容を設定することができます。

    詳細を見る