家族葬NAVI

家族葬とは、文字通り家族と親族、それに加えてごく親しい友人だけで行う葬儀のことです。 近年、長寿高齢化により故人の交友関係が減ってきたことを要因として増えつつあります。
一般葬と違って、祭壇や式の進行等の形式にとらわれることなく、少人数で静かに故人を偲ぶことができます。
自由なスタイルでできる反面、事前に親族や故人の知り合いに通知をして理解を得ておかないと後日通知をしなかった人への対応を迫られることもあるので、注意が必要です。

TOPICS

家族葬って何?

家族葬とは、文字通り家族と親族、それに加えてごく親しい友人だけで行う葬儀のことです。従来より家族親族の身内で執り行う密葬という形式がありますが、こちらは密葬の後、日を改めて本葬やお別れ会等が行われることがあります。これに対し、家族葬はこれのみで完結します。

家族葬を行う場合

家族葬は、故人のごく身近な親族とごく親しい知人のみで執り行いますので、事前の準備と葬儀内容と周囲への配慮が必要です。
事前の準備としては、家族の範囲を明確にして、誰に通知を行うか事前に決めておく必要があり、同時に参列者から香典や供花を受け取るか否かも決めておきます。その上で、参列をお断りする人には事前に文書を用意してお知らせする必要があります。

家族葬の費用感

家族葬の費用は、参列者が少なく規模も小さいので安いと考えがちですが、実際は参列者が少ない分、お香典も少ないため、最終的な支出額が一般葬よりも高くつくことがあります。最近では、葬儀社が家族葬向けのプランを用意しており、そのプランを活用することで一般葬より少ない支出額で済ませることは可能です。

その他の注意点

家族葬は身内だけで心のこもった葬儀が行えますが、気を付けなければいけない点もいくつかあります。
家族親族等の身内だけなので、一般参列者への気遣いが必要ない等のメリットがある反面、事前に周囲の理解を得ておかないと葬儀後に対応を迫られることになります。

おすすめ記事ピックアップ!

  • 近年認知されてきた家族葬ですが、長寿高齢化と核家族化の常態化により今後ますます増加する傾向にあります。 家族葬にはメリットもありますが、デメリットもあります。

    詳細を見る

  • 家族葬で僧侶を呼ばない形式で葬儀を行った場合、戒名をどうするか問題になることがあります。 戒名は仏教式の葬儀を行う場合に、故人を出家者とみなして、俗名を捨てて代わりに名のる名前です。

    詳細を見る

  • 家族葬は故人の遺志や遺族の意向によってごく身近な親族で執り行われますので、一般の参列がある葬儀とは違い、故人の遺志を重視して柔軟に葬儀の内容を設定することができます。

    詳細を見る